2011年07月23日

「 冷珈 (れいこー)ソーダ」から見る売れる戦略

近所にある上島珈琲店で、夏季限定商品で気になるものが
発売されていました。

その名は「冷珈(れいこー)ソーダ
$ 『ブランドマーケティング実践法』☆地域戦略マーケッターのブログ☆

「一体どんな味?」と考えちゃうと思います。
実は、アイスコーヒーとソーダの組み合わせた夏向き
な新感覚なドリンクなんです。

関西ではアイスコーヒーのことを「冷珈(れいこー)」
と呼んでいたそうで、それをもとに名づけたとか。
アイスコーヒよりも言葉の響きが独特です。

新商品化には、世の中で他がやっていないものをあえて
挑戦する
というところに面白さがあります。

アイスコーヒーとソーダーというそれぞれ別の商品を、
あえて2つを一緒にするという新しい飲み方を提案する
ことこそ、私がこれからのブランディングで重要だと考える
コトづくり」なのです。

上島珈琲店は、大人のためのコーヒー店というイメージが
あります。そして、こだわりの「ダブルネルドリップ」を
使ったコーヒーが特徴です。

そのコーヒーのコクと爽やかなソーダの味を表現するにあ
たり、単に奇を狙った商品ではなくて、きちんとコーヒーの
持ち味を活かすためのソーダとの組み合わせである点を
「冷珈ソーダ」というネーミングが何とも言えない不思議感
を醸し出している点が巧いですね。

おそらく、同社では冷珈ソーダによる売上は期待していない
のではないかと思います。
むしろ、この冷珈ソーダという飲み方の提案が話題性となり、
このことがきっかけとなって上島珈琲店のブランドにおいて
新しいコトが創出される可能性もあります。

まさに、上島珈琲店は、スタバでもドトールでもない、独自
のレトロ感覚をもつブランドを確立しつつあります。

これからの販売戦略は、意外性を形にする実践力と、
コトをつくれる創造力
が問われています。

そして、デフレ消費に打ち勝つためには、いかにブランド
価値を高めて差別化していくかがポイントだと思います。



同じカテゴリー(ブランド)の記事

Posted by 株式会社コミュニティブレインズ at 23:35│Comments(0)ブランド
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。