2011年07月28日

ロングセラー 無水鍋の人気

今年の夏は、節電や省エネに努力されていると思います。
私は、普段からエコライフを実践している方なんですが、
ある鍋が省エネというキーワードで新たな人気になりつつ
あります。

広島で1953年に生まれ、50年以上ロングセラーを続けて
いる「無水鍋」です。

この鍋は、ネーミングのとおり水を使わずに調理ができる
というのが特徴で、「素材の旨味と栄養を生かしたスピーディー
な料理をいかにつくるか」を追及して完成された商品です。

発売当初から人気となり、巷では厚手鋳物鍋のベストセラー
と云われてきた鍋です。

私が注目するのは、50年間「ブランド」守り続けてきたパワー
です。

時代がどんどん変わってもなぜが愛され続けるのか・・・。

無水鍋は発売以来、基本的な機能とデザインを変えていません。
変えたことは、ライフスタイルの変化に伴い、無水鍋も炊飯用、
IH用と消費者のニーズに合わせた商品ラインナップを増やして
います。

そして、定番である無水鍋は、50年間そのコンセプトを忠実に
守りながら、より消費者の使いやすさを考えて細かい部分で
改良を続けています。

前回のブログ「このご時世、「大は小を兼ねる」のか??」でも
書きましたが、重要なことは消費者ニーズをどれだけ商品に
反映していくのかということです。

そして、お客様にどんな価値を提供するのかという
ブランドをどう表現できるかが勝負なのです。

あくまで消費者に迎合して機能やデザインを変えるのではなく、
消費者の声を活かして商品に活力を与え続けることが大切なの
です。

無水鍋は、鍋の特徴である、栄養を逃さない調理法を活用した
健康レシピや、楽しいキッチンライフが楽しめるオリジナル
レシピを展開することで、毎日の調理を通じて喜びや生活の
提案を与えています。

まさに、鍋を売っているのではなく食事を豊かにするコトを
売っているのです。

普段の食生活を豊かにするために、無水鍋はきっと皆さまの
お役に立つことでしょう。



同じカテゴリー(商品・デザイン)の記事

Posted by 株式会社コミュニティブレインズ at 11:22│Comments(0)商品・デザイン
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。