2011年07月31日

農商工連携 商品・サービス化の本質

昨日は農商工観光連携の研修講義の担当日でした。
講義の一つが、実際の商品開発の現場を仮想体験する、
ロールプレイングでした。

今回の連携による商品テーマを、農家の資源である大豆
を使って、醤油メーカーと連携して新しい醤油関連商品
を開発すると仮定し、グループ毎に討議をして簡単な開発
構想を立ててもらう内容です。

予め、両者の経営課題や市場動向など、情報データを
一緒に教えた上で討議をしてもらったので、進行は
ある程度スムーズに進みましたが、受講者の議論を聞いて
いてふと気になるたことがありました。

それは、どうしても資源である大豆を活用した商品コン
セプトやアイデアにばかり話が熱くなり、消費者ニーズの
観点や売上を上げていくプロセスとして、重要なビジネス
モデルの構築がやや不十分な傾向が見られたのです。

これまで、まちおこしや地域資源を活用した商品開発の
現場を多く見てきましたが、消費者ニーズの捉え方があい
まいであったり、マーケティングが不十分なため、ビジ
ネスモデルとして成立しづらい計画を立てるケースが
ありました。

確かに、連携によって自分達の経営資源(地域資源)を
どう活用して商品をつくるのかということは大切ですが、
商品開発はあくまで手段であって目的ではありません。

商品開発の目的は、連携によってシナジーを生んだ先に
「利益」を創出することです。
そのためには、中小企業に合わせたマーケティングを行わ
ないと正しい判断ができません。

つまり、まだ作り手のシーズ側からの発想が中心であり、
本当の意味で消費者視点のものづくりということを意識
できていないのではないでしょうか。

こうした農商工連携のような場合、これまでの「売れる」
ためのマーケティングではなく、「買いたい(また食べ
たい)」と顧客中心型のつながるマーケティングへ、
量から質への転換が重要です。

そのためには、いかに効果的なブランディングが図るかが
ポイントになってくるのです。

量を売るブランド化は、ナショナルブランドが取る手法です。

私の展開しているブランドマーケティングでは、まさに
商品・サービスのを高めるための戦略を展開します。



同じカテゴリー(商品・デザイン)の記事

Posted by 株式会社コミュニティブレインズ at 23:15│Comments(0)商品・デザイン
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。