2011年08月10日

ニッチで成功したJA開発商品 

先月、「第60回全国農業コンクール」が和歌山市で全国大会
が開催されました。
この全国農業コンクールは、卓越した農業技術を持ち、
創意工夫を凝らした農業経営を展開する意欲あふれる農業
生産者を表彰するものです。

その中で、全国の生産者にとって大いに参考になる成功事
例が受賞されました。

名誉賞(農林水産大臣賞)を受賞した、和歌山県代表の
JAわかやま生姜生産販売連絡協議会」による、地元
の新しょうがを使ったブランド化の取り組みです。

そのブランド化で私が感心したのが、和歌山のしょうがを
存分に使った「ジンジャエール」の開発です。

商品名は、「生姜 丸しぼり Wakayama GingerAle」です。

$ 『ブランドマーケティング実践法』☆地域戦略マーケッターのブログ☆

実は、このジンジャエールは発売から100万本の売り上げ
を突破した人気商品なんです。
まだ関西の方が有名かも知れませんが、何よりこの開発に
あたっては農商工連携による取り組みという点もさらに注目
です。

商品の特徴は、大手メーカーのジンジャエールはしょうがを
使っていないのに対して、しょうがをまるごと搾って使用して
いることが、オリジナル性の高い最大のウリとなっています。

また、和歌山は高知に次いで全国2位の栽培面積を有する
しょうがの産地ですが、その産地の強みと、規格外品を活用
できるJAの強みが重なって、大手メーカーではなかなか
真似できない商品を作り上げることに成功しました。

では、なぜJAわかやまのジンジャエールはヒットにつな
がったのでしょうか。


一つは、商品開発における枠組みが農商工連携であるという
点です。
この農商工連携を展開するにあたり、JAでは和歌山商工
会議所と和歌山市農業委員会との3者による「農商工連携
に関する協定書」を締結
しています。

この協定は、地元における連携構築に大きな貢献をもたらし
ています。
全国では、JAによって商品化、開発された商品は多い
ですが、こういう形での農商工連携による取り組みは少なく、
さらに成功事例という点で貴重な存在です。

実際、開発・販売は先述した同協議会にて進められ、品質や
大きさなど基準を統一し、共同販売を始めました。
農家メンバーによって出荷時期を調整することで、原料確保
と価格の安定にもつながっています。

製造は地元の飲料会社が請け負っていますが、JA自らで
農商工連携の全体統括を行い、プロデュースを行う
ことで
JAが事業リスクを背負う仕組みが出来ます。

つまり、JAが本来の生産者側の立場ではなく、商工側の
役割を担ってことで、農家はけして原料調達先ではなく真の
パートナーとして位置づけられることに成功したのです。

これからは6次産業化も合わせて、農協の役割というのが
色んな意味で大きく注目されていくと思います。

農協は、積極的に地元や農家を後押しし、商品化における
リスクを最大限補うような決意と先見性が求められている
んだろうと感じています。



同じカテゴリー(商品・デザイン)の記事

Posted by 株式会社コミュニティブレインズ at 23:40│Comments(0)商品・デザイン
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。