2011年08月09日

自ら立ち上がることの重要さ

突然ですが、世の中には3タイプの人間がいると言われて
います。

①傍観者・・・人がやっているのをただ見ているだけ。

②夢想家・・・理想の姿を描くだけ(自らは動かない)。

③実行家・・・理想の実現のために自ら行動する。


皆さんの周りでも、この3タイプの人がいるんじゃないか
と思います。

私は、仕事柄、地域のプロジェクトや会合に出席する機会
が多く、その中でこうした3タイプの人に遭遇します。

よく言われる地域活性化に関して、地域を元気にすること
には誰しも関心があるのですが、それが実現されることを
他人に期待する傾向が一般的だと思います。

いわゆる、市民レベルでは傍観者というのはある意味で
は仕方ないことだと思います。
能力のある方にうまくやってもらいという率直な気持ち
は何となく理解できます。

一方、普段から様々なことに関心があり、自ら積極的に
改善や解決策について意見を言う人がいます。

「(地元経済が落ち込んでいるのは)行政がちゃんとやら
ないからだ・・・」
「●●のようにやればうまくいくんだよ!」


あれやこれや適切な意見を述べてくれますし、会合を
活発にしてくれる役割を果たしてくれます。

でも、実際の活動となると必ずしも動いてくれるとは
限りません。
口は出すけど体は使わない」ようなタイプの人は、
意外といるんですよね。

こうなると、理想の実現のために自ら行動できる、
実行家の存在は大きい訳です。

これからの時代、組織やプロジェクトにおいてより
重要な役割を担うのは、まさに実行家のチャレンジ
です。
そして、そのチャレンジを支えていく周囲の環境
づくりが必要です。

結局、夢想家と実行家の絶妙なバランスが、成功を
生む大きな鍵になってくるんじゃないかと思います。

夢想家のアイデアをきちんと形にできる実行家が
車の両輪となって機能すれば、必ず成果が生まれる
ものと期待します。



同じカテゴリー(ビジネス)の記事
飲食店から見る景気
飲食店から見る景気(2010-05-03 17:18)


Posted by 株式会社コミュニティブレインズ at 23:17│Comments(0)ビジネス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。