2010年05月24日

郵便局とコスト削減

所用で、関西へ資料を送るのに「レターパック350」というものを使って
みました。

いつもは、普通郵便とメール便を使うことが多いのですが、たまたま
CD-ROMとかいろいろ入れたので、そこそこの厚みになってやむなく
郵便局へ・・・。

今までは、全国どこに送っても、4Kgまで500円という「レターパック500」
というのがあったんで、たまにそれを使っていました。
このレターパックは、速達扱いだし、荷物の追跡ができるので便利です。
ほんと、到着まですごく速いのが魅力です。
今回も、それをまた買おうーと思っていました。

窓口の脇にあったポスターに、4月より「レターパック350」という新サービス
が開始されたとのことで、職員に尋ねました。
「これって、レターパック500と何が違うのですか?」

職員:「厚さが3cmまでしか送れません。それと、速達扱いではないのと、
本人宛てではなくポストへ配達になります・・・」

要するに、350円で、4kgまでの荷物を普通郵便並みの日数で送ることが
できるサービスということです。

これって、民間宅配会社のメール便とほぼ同じようなサービスですよね。
日本郵便としては、明らかにこれらに対抗してきていると思えます。
レターパックだと、収まる範囲内で食品(加工品)や衣服も送ることが
できちゃいます。

企業にとって、コスト削減を考えるとこうしたサービスは歓迎だなーと感じました。
ただし、物流業界にとっては大変な競争でしょうね・・(苦笑)


タグ :コスト削減

同じカテゴリー(一般)の記事
名刺整理
名刺整理(2010-04-13 05:22)


Posted by 株式会社コミュニティブレインズ at 01:19│Comments(0)一般
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。