2010年04月26日

CSRは企業経営のキーポイントになれる

CSRへの世間の関心は年々高まっています。
中でも、CSR活動としての「社会貢献活動」への企業の関心はとても
大きいと言えると思います。

CSRは、大手企業の本社や都市部だけのイメージではなく、地方において、
大手企業の支社や営業所レベルで、地域との関わりを持ったCSR活動
を進めているところも珍しくなくなりました。

最近の農業体験ブームもあり、企業でも社員参加による農作業の手伝いや
草取り、地域での様々なボランティア活動を進める動きがかなり増えています。

私が理事を務める某NPOでも、大手企業からのCSRの問い合わせや
活動企画の相談などがここ1年あたり増加しています。

実際、CSR活動として休日に社員参加の農業体験を行っている企業の声
では、普段あまり話をしなかった社員と交流できたり、家族で参加することで
団らんが生まれる、といったコミュニケーションの場としての効果もみられて
います。


大手企業におけるCSR活動への流れは、CSRを通した社会貢献活動という
大義名分に加え、企業経営におけるブランド向上の観点からというイメージが
定着しています。

確かに、ブランド力を上げる手段としてCSRは大きな意味を持っているという
のは否定しません。

しかし、CSRの価値は何も消費者に対するアピールだけではありません。

社員・従業員に対して、CSRの活動を通じや雇用上の魅力や職場のコミュニ
ケーション形成、会社との信頼関係の構築につながります。

そして、企業の従業員の関係に加え、地域との連携強化につながり、信頼関係も
生まれてくるという訳です。


とはいえ、リーマンショック以降、企業におけるCSR関連予算は縮小される傾向
にあります。企業収益が減る中で、CSRを維持するだけの余裕がないというのは
本音でしょう。
ある意味仕方ないことかもしれません・・・。


しかし、本来CSRは「攻めの」企業経営だと私は思います。

混沌とする経済においては、企業の「投資」としてCSRを強化できる会社というのは、
長いスパンで社会経済を見据えているともいえます。

CSRの取組みは、ある意味で”時代を生き抜く企業”の指標と考えられのかも
知れませんね。  


Posted by 株式会社コミュニティブレインズ at 13:17Comments(0)経営

2010年04月19日

コンサルタントの現実~地方にて~

先日、出張にて訪問した企業の社長に言われた一言です。

「今回の相談は、本当に無料で良いんですよね・・・・?」

弊社では、初回面談は基本的に無料(遠方は旅費交通費のみ負担
して頂きますが)で実施しており、事前に費用負担がないことはご案内
していたのですが、そのことが気がかりだったようです。


面談後に、移動中の車の中で社長と雑談してわかったことですが、
以前経営コンサルタントに数回の簡単なアドバイスとパンフレットの
企画案などを頼んだところ、100万円近い請求がきたことがあって、
それ以来コンサルタントへの一種の疑念が生まれて、そのことが
ずっとひっかかっていたようです
(※誤解のないように言いますが、この請求額が妥当なのかどうかは、
詳細も判らない為、個人的には言及は控えます)。

今回の訪問は知り合いの紹介だった上、本人にも同行してもらったの
で、社長の心配も緩和されて和気藹々とした空気で気持ちよくお話
ができました。


とはいえ、コンサルタント業をやっていますと今回のような場面は珍しく
ありません。

世間では、コンサルタントへのイメージはお世辞にも良いとは言えない
のが現状ではないかと思います。
特に、地方ではコンサルタントに対する見方は年々厳しくなっている
ように感じています。


「どうせ高いコンサルタント料をふっかけられるだけだ・・・」

「上から目線でものを言われるに違いない・・・」


「高いコンサルタント料金」、「経営戦略等の提案レベルについていけない」、
「コンサルタントとの感覚の溝」といった印象は、だいぶ重たいものです。


これは私の持論ですが、コンサルタントを「使う」という発想から、「活かす」
という考え方が大事ではないかと思います。


コンサルタントの側も、自分を活かしてもらえる機会を積極的に作るために、
自分を理解してもらうための努力が必要ではないでしょうか。


コンサルタントとして、大手企業とのビジネスと中小企業とのビジネスの
決定的な違いは、業務プロセスの遂行にかかる経費の考え方と、それに
伴うスキル・技術に対する対価の認識が、根本的に異なっていることが
影響しているように思います。

私自身、時間と手間はかかりますが、活かしてもらうという認識の上に
立ったサービスの提供、丁寧な仕事に努めなくてはならないと、常に
肝に銘じています。

改めてそのことを気づかせてくれた一言でした・・・・。  


Posted by 株式会社コミュニティブレインズ at 20:24Comments(0)一般

2010年04月16日

助成金

4月になると本年度の事業経営に関する部分で、地域の経営者からの相談も
増え出します。その多くは「助成金」に関係した相談内容が多くなります。
(おそらく、4月は国や県の事業予算が固まり出すことの影響でしょうか)


相談内容としては、「新規事業をやりたいので、助成金で資金調達がしたいのですが、
何とかなりませんか?」というものが大半です。

つまり、中小企業の経営者の多くは、自社において十分な自己資金がないため、
助成金を申請して採択されれば、資金の目処が立つと考えているのです。


しかし、ここに助成金の落とし穴があります。


それは、助成金とは、事業として支払った経費を後で報告して、”精算払い”を行う
ことで経費分を返金してもらう制度であり、けしてタダで資金がもらえるものでは
ないからです。  

助成金には補助率があって、1/2とか、1/3などと決められていることが
ほとんどです(※もちろん、全額補助というものもあるにはあります)。
そのため、1/2補助ということは「事業全体で必要な予算のうち、支出された経費の
半分を国や県が補助します」ということになります。


もうおわかりだと思いますが、中小企業にとってはそもそも事業予算が確保できず、
十分な自己資金がない場合には、助成金の申請ができない訳です。

「事業資金がないから、何とか助成金で穴埋めをする」、そうした誤った認識で
助成金を捉えている経営者は、意外と多いのです。
そもそも、最初から助成金をあてにするという経営者は、手段が目的になって
しまっています。

しかも、申請の段階では採択されるかどうかがわからない訳で、採択されない
場合は事業を実施しないという、資金ありきの本末転倒な話も見受けられます。


予め事業予算を確保ができている会社が、助成金をもらって残りは自己負担
する、という明確なビジョンと気構えがないと、助成金の成果としてはうまく
いかないのです。

新規事業で成功した中小企業の多くは、助成金を上手に活用しています。

デフレと経済不況なので、ますます助成金は中小企業の経営者にとっては、
とても魅力的なネタになることは間違いありません。


ただし、助成金を活かすも殺すも経営者次第です。


アグレッシブな経営者の皆さんと円滑な事業戦略における有効な助成金の
活用を見出したいものです。  


Posted by 株式会社コミュニティブレインズ at 03:40Comments(0)経営

2010年04月13日

名刺整理

この時期は、年度初めの業務と昨年度の仕事の残務が怒涛のように

流れていきます。さすがに少々疲れモードです。


そんな中、先週末に1年間の名刺の整理に没頭しました。

昼前から始めたのですが、さすがに夜までには終わるだろう~、と

結構高をくくってましたが、結局名刺だけで半日以上かかってしまいました・・・。


いざ名刺整理を始めると、1枚1枚見ながら確認しながらになるので、予想

以上に時間がかかりますね。


ところで、皆さんは名刺の管理はどうしているでしょうか。

私は、名刺スキャナー等を使ったデジタル化管理をあえてしていません。

デジタル化のために使う作業時間を考えると、普段は時系列にして保管して

あるだけですが、アナログ的なこのやり方でも十分に役立ちます。
(大量の名刺の束から目的の名刺を見つけるのは確かに面倒ですが・・・)


実際、整理しながら優先度をつけて目的別に仕訳けすることで、保管して

おいた名刺が活かされたこともあります。


ちなみに、私は独立・起業した2年前から頂いた名刺はすべて保管して

います(おそらく1000枚以上になっているでしょうか)。


何らかのご縁があって交換した名刺なので、できるだけ有効に活用したい、

と思っている訳ですが、昨年は名刺を1000枚程度配ったので、交換した

枚数がかなり増えてました!。


頂いた名刺は、普段から頂いた2、3日以内に頂いた日付と場所、その方の

情報などを名刺の表に簡潔にメモをしています。

こうすることで、どこで会ったのかメモを見ればある程度わかりますし、小さな

情報がビジネスに生きてくることもあるからです。


単なる名刺整理も、一度しか会ったことのない人の顔が妙に思い出されたり、

当時の仕事に関することを思い出したりと、何となく不思議に面白いです。


次は、まだ終わっていない書類の整理ですかね。

書類の整理が終われば、ひとまず業務効率が上がるんじゃないかと期待

していますが・・・。   
タグ :人脈名刺


Posted by 株式会社コミュニティブレインズ at 05:22Comments(0)一般

2010年04月07日

ごあいさつ

はじめまして、コミュニティブレインズ株式会社の清水と申します。
このたび、新しく社長ブログを書かせていただきます。

中小企業や地場産業に携わる方々に商品開発やブランディング、事業戦略、
地域経営などをプロデュースするために、2008年に独立・起業しました。

現在、企業価値や商品ポテンシャルを高めるためのコンサルティング、
商品プロデュースを通じた支援を行っています。

私の立場は、いわゆる地域のブランド・マーケッターということになるので
しょうか・・・(個人的には、肩書きには特にこだわりはありません)。

新しい形のブランド論をもとに、顧客志向の良質なサービスを追求するため、
常に本質を見極めること、独自性にこだわってビジネスに臨んでいます。

これから、私なりにビジネスの上で感じたことを中心に書いていきたいと
思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。  


Posted by 株式会社コミュニティブレインズ at 02:49Comments(0)その他