2011年08月11日

昨年度の食料自給率は39%

今日、昨年度(平成22年)の食料自給率の数値が公表されました。
カロリーベースで39%、一昨年が40%だったので1%減少
したことになります。

 ■農水省 平成22年度食料自給率等について

ちなみに、3年前は41%だったので、1ポイントずつではあるが
「数字上」では足踏み状態であると言えます。

ここで、あえて「数字上」と書いたのは、カロリーベースの
自給率について毎年1~2%の増減は想定の範囲ということが
言えるからです。

農水省によると、昨年1ポイント減少した主な要因は、
「てん菜、小麦、いも類(ばれいしょ・かんしょ)の生産量の
減少」としています。

国内でこうした生産量が減少しているのは、輸入が年々増加
していることが影響していると言えます。

実は、いもと云ってもは、世間では「加工でん粉」と呼ばれる
加工食品や冷凍食品などに多く使われるものが大半で、その
多くは輸入されたものです。
(市販の冷凍コロッケなどによく使われていますね)
つまり、業務用として国産のいもを原料にしている割合は、
全体的には減少しているということも言えるのです。

また、いも類の生産自体は大規模化でないと割が合わない中、
高齢化により作付面積と生産量も年々減少傾向にあります。

一方で、米の消費量の増加、新規需要米等による国内生産の
増加により、米関係の自給率は上昇しています。

つまり、今回の自給率の低下の要因は、米の自給率の増加
に対して、てん菜、小麦、いも類の生産量の減少を上回るだけ
のものではなかったという訳です。

この結果をもってどう捉えればよいのかというと、「米」
というものをもっと重視して、日本として米の消費を拡大
させていくことが急務であると感じます。

もともと、米は日本において100%自給できる作物な訳です
から、減反などせずに、新規需要としての米の価値をより
本腰を入れて政策づけしていけば、米によってカロリー
ベースの自給率を押し上げる要因になります。

さらに、カロリーベースの自給率に一喜一憂する議論が、
農家の所得にとってほとんど影響を及ぼさないという
点が、極めて問題だと私は思っています。

農家の方からは、
自給率が上がろうが下がろうが、我々の所得が増える訳
じゃない・・・
」と言われることでしょう。

流通・小売の世界で、国産もの(野菜)を食べよう!と
様々なキャンペーンをしていますが、そのことが必ずしも農家
の所得を押し上げている訳ではありません。

問題は、我々の消費スタイル、消費のあり方であって、そのことを深く考えなきゃいけないじゃないかと思います。

適正な価格できちんと消費が行われれば、カロリーベースの
自給率なんて少しは改善すると思うんですが・・・。

流通・小売の段階で価格が決定づけられている以上、個人的
には自給率の議論と農業振興・活性化の本質的な課題は
交わることがないのではと。

そういう背景が、6次産業化の流れに結びついているとも
言えますね・・・。

これからも、生産者の生業を支える本質的なお手伝いを
継続させていこうと改めて思いました。
  


Posted by 株式会社コミュニティブレインズ at 20:00Comments(0)農業

2011年08月02日

群馬の6次産業化をお手伝いします

昨日は、午後から群馬・前橋に出張でした。

訪問したのは、群馬県農業会議で6次産業化のミーティング
に出席するためです。

実は、農水省が今年から本格的に進めている6次産業化の
推進を進めるために、47都道府県に6次産業化プランナー
を数名ずつ配置するのですが、この度、群馬県の6次産業化
プランナーに委嘱されたのを受けて、今後の事業担当について
の会合でした。

私は、今月から本格的に群馬県農業会議に設置された「群馬・
6次産業化サポートセンター」にて、担当プランナーとして
統括プランナーと一緒に県内の農業者の方々の相談活動を
行わせていただきます。

まだ、関東農政局の方で現在準備中のため、個別のサポート
センターのHPがアップされていませんが、近日中にリリー
スされて、そちらに掲載されるかと思います。

この6次産業化サポートセンターは、各県に一つ設置されて
いますので、他県の方はそちらのサポートセンターに問い合わ
せをすれば、様々なアドバイスやサポートを受けることが可能
です。もちろん、無料ですのでご安心下さい。

この6次産業化ですが、六次産業化法に基づく「総合化事業
計画」の認定を受けるための相談を主に対応するのですが、
もちろん、単に事業計画を認定をもらったり、その先の助成金
を申請すること等が目的ではありません。

群馬県では、中長期的に経営革新や事業が活性化される
ことで地域振興にもつながるような、そういう成功事例を
増やすことを主眼に置いています。

そして、重要なことは農商工連携での課題や問題点を踏まえ
て、本当に農業者に満足してもらえる、戦略・ビジョンを
描くお手伝いすることにあると思っています。

私も、そうした視点で1つでも農業従事者の喜びとやりがい
を見出せる発展的な農業振興、地域づくりを目指して、アド
バイスを行わせて頂きます。

群馬県の農業従事者の皆さん、6次産業化にご関心がござい
ましたらぜひお気軽にご相談ください。
その際には、親身にご相談に応じたいと思いますので、どうぞ
宜しく御願い致します。  


Posted by 株式会社コミュニティブレインズ at 23:12Comments(0)農業

2010年10月01日

世界農林業センサス結果から思うこと・・・

久しぶりに、このブログを再開します。

暫くは、もう一つで展開しているブログにてリンクを貼りますので、
そちらをご覧ください。

*******************************

9月7日に農林水産省から「世界農林業センサス2010年」発表
されました。調査結果を見ると興味深い数字が出ています。

農業就業人口は5年間で75万人減少し、農業就業者は260万人
と22.4%も減少しました。

また、専兼業別農家数について、専業農家数は452,000戸(1.9%増)
とわずかながら増加しましたが、兼業農家数は1180,000戸(22.4%減)
と大幅に減少しました。

≪続きは、こちらのブログへ≫  


Posted by 株式会社コミュニティブレインズ at 01:44Comments(0)農業