2010年05月24日

郵便局とコスト削減

所用で、関西へ資料を送るのに「レターパック350」というものを使って
みました。

いつもは、普通郵便とメール便を使うことが多いのですが、たまたま
CD-ROMとかいろいろ入れたので、そこそこの厚みになってやむなく
郵便局へ・・・。

今までは、全国どこに送っても、4Kgまで500円という「レターパック500」
というのがあったんで、たまにそれを使っていました。
このレターパックは、速達扱いだし、荷物の追跡ができるので便利です。
ほんと、到着まですごく速いのが魅力です。
今回も、それをまた買おうーと思っていました。

窓口の脇にあったポスターに、4月より「レターパック350」という新サービス
が開始されたとのことで、職員に尋ねました。
「これって、レターパック500と何が違うのですか?」

職員:「厚さが3cmまでしか送れません。それと、速達扱いではないのと、
本人宛てではなくポストへ配達になります・・・」

要するに、350円で、4kgまでの荷物を普通郵便並みの日数で送ることが
できるサービスということです。

これって、民間宅配会社のメール便とほぼ同じようなサービスですよね。
日本郵便としては、明らかにこれらに対抗してきていると思えます。
レターパックだと、収まる範囲内で食品(加工品)や衣服も送ることが
できちゃいます。

企業にとって、コスト削減を考えるとこうしたサービスは歓迎だなーと感じました。
ただし、物流業界にとっては大変な競争でしょうね・・(苦笑)  
タグ :コスト削減


Posted by 株式会社コミュニティブレインズ at 01:19Comments(0)一般

2010年04月19日

コンサルタントの現実~地方にて~

先日、出張にて訪問した企業の社長に言われた一言です。

「今回の相談は、本当に無料で良いんですよね・・・・?」

弊社では、初回面談は基本的に無料(遠方は旅費交通費のみ負担
して頂きますが)で実施しており、事前に費用負担がないことはご案内
していたのですが、そのことが気がかりだったようです。


面談後に、移動中の車の中で社長と雑談してわかったことですが、
以前経営コンサルタントに数回の簡単なアドバイスとパンフレットの
企画案などを頼んだところ、100万円近い請求がきたことがあって、
それ以来コンサルタントへの一種の疑念が生まれて、そのことが
ずっとひっかかっていたようです
(※誤解のないように言いますが、この請求額が妥当なのかどうかは、
詳細も判らない為、個人的には言及は控えます)。

今回の訪問は知り合いの紹介だった上、本人にも同行してもらったの
で、社長の心配も緩和されて和気藹々とした空気で気持ちよくお話
ができました。


とはいえ、コンサルタント業をやっていますと今回のような場面は珍しく
ありません。

世間では、コンサルタントへのイメージはお世辞にも良いとは言えない
のが現状ではないかと思います。
特に、地方ではコンサルタントに対する見方は年々厳しくなっている
ように感じています。


「どうせ高いコンサルタント料をふっかけられるだけだ・・・」

「上から目線でものを言われるに違いない・・・」


「高いコンサルタント料金」、「経営戦略等の提案レベルについていけない」、
「コンサルタントとの感覚の溝」といった印象は、だいぶ重たいものです。


これは私の持論ですが、コンサルタントを「使う」という発想から、「活かす」
という考え方が大事ではないかと思います。


コンサルタントの側も、自分を活かしてもらえる機会を積極的に作るために、
自分を理解してもらうための努力が必要ではないでしょうか。


コンサルタントとして、大手企業とのビジネスと中小企業とのビジネスの
決定的な違いは、業務プロセスの遂行にかかる経費の考え方と、それに
伴うスキル・技術に対する対価の認識が、根本的に異なっていることが
影響しているように思います。

私自身、時間と手間はかかりますが、活かしてもらうという認識の上に
立ったサービスの提供、丁寧な仕事に努めなくてはならないと、常に
肝に銘じています。

改めてそのことを気づかせてくれた一言でした・・・・。  


Posted by 株式会社コミュニティブレインズ at 20:24Comments(0)一般

2010年04月13日

名刺整理

この時期は、年度初めの業務と昨年度の仕事の残務が怒涛のように

流れていきます。さすがに少々疲れモードです。


そんな中、先週末に1年間の名刺の整理に没頭しました。

昼前から始めたのですが、さすがに夜までには終わるだろう~、と

結構高をくくってましたが、結局名刺だけで半日以上かかってしまいました・・・。


いざ名刺整理を始めると、1枚1枚見ながら確認しながらになるので、予想

以上に時間がかかりますね。


ところで、皆さんは名刺の管理はどうしているでしょうか。

私は、名刺スキャナー等を使ったデジタル化管理をあえてしていません。

デジタル化のために使う作業時間を考えると、普段は時系列にして保管して

あるだけですが、アナログ的なこのやり方でも十分に役立ちます。
(大量の名刺の束から目的の名刺を見つけるのは確かに面倒ですが・・・)


実際、整理しながら優先度をつけて目的別に仕訳けすることで、保管して

おいた名刺が活かされたこともあります。


ちなみに、私は独立・起業した2年前から頂いた名刺はすべて保管して

います(おそらく1000枚以上になっているでしょうか)。


何らかのご縁があって交換した名刺なので、できるだけ有効に活用したい、

と思っている訳ですが、昨年は名刺を1000枚程度配ったので、交換した

枚数がかなり増えてました!。


頂いた名刺は、普段から頂いた2、3日以内に頂いた日付と場所、その方の

情報などを名刺の表に簡潔にメモをしています。

こうすることで、どこで会ったのかメモを見ればある程度わかりますし、小さな

情報がビジネスに生きてくることもあるからです。


単なる名刺整理も、一度しか会ったことのない人の顔が妙に思い出されたり、

当時の仕事に関することを思い出したりと、何となく不思議に面白いです。


次は、まだ終わっていない書類の整理ですかね。

書類の整理が終われば、ひとまず業務効率が上がるんじゃないかと期待

していますが・・・。   
タグ :人脈名刺


Posted by 株式会社コミュニティブレインズ at 05:22Comments(0)一般